« 玉子とじうどん、つけうどん@四国屋(新高円寺) | トップページ | 湯だめうどん@綾川(吉祥寺) »

2007.02.10

ごま醤油うどん@家

ごま醤油うどん@家

ごま醤油うどん
すりごまの上に海苔が主体のふりかけをかけ、
その上からダシ醤油を垂らしたうどん。麺は釜あげを使用。
この時期は寒いので体を冷やさないために温かい麺にしている。
釜あげなのでいい具合に醤油を吸い込んで味がしみている。
茹で時間をちょっとミスった。柔らかめの麺で、もちもちを
若干通り越している。もう1分短くすれば良かった。
でも、おいしくお腹を満たしてくれた。

使用したうどんは下記の写真の手打ちうどん、その112。
112回も打っているのか、俺。

手打ちうどん、その112

|

« 玉子とじうどん、つけうどん@四国屋(新高円寺) | トップページ | 湯だめうどん@綾川(吉祥寺) »

コメント

こんにちは。初めてコメントします!いつもいつも見ているつもりなのですが、
ちょっと見逃してしまっているのかもしれませんが、うどんの麺の作り方は伝授していただけないでしょうか??いつも楽しみにしています。

投稿: はるか | 2007.02.13 14:20

はじめまして、はるかさん。いつも見て下さってありがとうございます。
うどんの打ち方についてはまだ記事にしてないです。
しようしようと思ってしないままです。簡単ではありますけど
打ち方をまとめますので参考にして下さい。
ちょっと長いので覚悟して下さい(笑)

材料
・小麦(中力粉) 500g
・水 210g
・塩 25g
・打ち粉(コーンスターチ) 適量

まず用意した水と塩を混ぜて塩水を作ります。
 ↓
小麦粉を大きいボウルにあけて、用意した塩水の半分くらいを入れてよく粉と水をなじませます。ここでなるべく大きい固まりにならないようにして下さい。
 ↓
残った塩水のさらに半分くらいを入れて混ぜて、なじんできたら最後に残った水を入れて下さい。ここであまりにボウルの中がベタベタになっていたら入れる量を調節して下さい。
 ↓
水となじませた物を集めて一つの固まりにし、頑丈なビニール袋に入れて踏んで下さい。踏まずに手でやっても構いませんが、大変です。
 ↓
踏んで伸ばして折りたたんでを数回繰り返して、生地の表面がしっとりとすべすべになったらビニール袋に入れて30分ほどおいて下さい。
 ↓
生地の角を中に折り込んでいき、丸くしていき団子にします。団子にする前の寝かしは生地の柔らかさで判断して下さい。
 ↓
1~2時間程生地をビニール袋に入れて寝かして下さい。すぐに延ばしても構いません。この辺は好みです。
 ↓
寝かした生地を再び頑丈なビニール袋に入れて丸くなるように踏み延ばして下さい。この行程はとばしてもらっても構いません。事実、僕は団子から手で丸く延ばして麺棒でのしてます。
 ↓
打ち粉をふって麺棒でどんどんと延ばしていきます。最初は対角線方向。ある程度伸びたら辺と平行方向に延ばしていきます。
 ↓
お好みの厚さまで延ばしたら打ち粉をふって生地を折りたたんで切ります。なるべく均一な太さになるように切って下さい。

あとは大量のお湯で茹でて下さい。大体3mmの太さの麺だったら10~12分くらい茹でればよいです。ここら辺は茹で加減を見て頃合いのところであげて下さい。

長くなりましたがうどん打ちのやり方はこんな風になります。

投稿: マツイ | 2007.02.13 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23785/13879799

この記事へのトラックバック一覧です: ごま醤油うどん@家:

« 玉子とじうどん、つけうどん@四国屋(新高円寺) | トップページ | 湯だめうどん@綾川(吉祥寺) »