« うどんの打ち方、その1(準備編) | トップページ | 味噌煮込みうどん(2玉)@つるとんたん 新宿店(新宿) »

2007.03.20

丹波黒豆 納豆うどん(冷、2玉)@つるとんたん 東京ビル店(東京)

丹波黒豆 納豆うどん(冷、2玉)@つるとんたん 東京ビル店

丹波黒豆 納豆うどん(冷、2玉) 720円
会社帰りに友達を誘ってうどんを食べに行こうということで
当初はさか田に行く予定だったのだが、満席だったので
TOKIAにあるつるとんたんへやってきた。こちらの方は
さか田が満席だった時点で席を確保するために電話しておいた。
ここの隣にあるお好み焼き屋さんはものすごい行列であった。

奥にある4人がけのテーブル席に通される。
一番奥まった位置にあるだけに店員さんがなかなか来ず、
注文する際はうまいこと店員さんが来るのを見計らって
声をかけねばならなかった。実施問題そのチャンスを逃すと
次がなかなかやってこないのであった。

今回はまだ注文した事のない丹波黒豆の納豆を
使ったうどんを選択してみた。納豆うどんは家では
時々やるのだが外ではあまり食べた事がない。
黒豆がどんな感じなのか楽しみであった。
注文したうどんは4人同時に来るように調整して持ってこられた。

出てきたうどんに載っている納豆はまさに黒豆。
名の通りの黒さに嬉しくもなる。早速その納豆だけを食べてみると、
そんなに納豆臭さは強くない。粘りと風味は確かに
納豆なのだけれど癖がものすごく抑えられている印象。
ついてきただし汁をかけていただく。このだし汁の量が
少なかったので味は大丈夫かなと思ったが、そんな心配は
全くないくらいしっかり味があった。納豆の粒が大きいせいか
うまく麺と絡んでくれなかったのが残念なところだった。
でも、しっかりとそのおいしさを堪能させてもらった。

帰る頃には閉店間近ということでお客さんのいなくなった席の
IHに寸胴をのせて何かやっていた。普段だとこのIHはうどんのお鍋に
使用されているもの。帰りがけにのぞいてみたら寸胴には
お湯とたくさんの麦茶の元が入れられていた。ここのお茶は
こうやって用意されていたのかー。一気にすごい量を作るのだな。

下の3枚の写真は同行した友達が注文した品。

+++++
かつカレーうどん@つるとんたん 東京ビル店

かつカレーうどん 1200円
友達が食べたうどん、その1。
かつが揚げたてだったようで非常に熱がっていた。
そして、器がでかいのでかつが小さくみえる。

+++++
天山かけうどん(温)@つるとんたん 東京ビル店

天山かけうどん(温) 1350円
友達が食べたうどん、その2。
こちらは天ぷらの盛り合わせがいい感じ。

++++++
明太子うどん(温)@つるとんたん 東京ビル店

明太子うどん(温) 1200円
友達が食べたうどん、その3。
自分も明太子うどんにしようかと迷った。

食べた後はしばらく、どころかかなりの時間いた。
非常に楽しい時間を過ごせた。美味しいうどんと楽しいおしゃべり最高!。

うどんログ: つるとんたん 東京ビル店(東京)

|

« うどんの打ち方、その1(準備編) | トップページ | 味噌煮込みうどん(2玉)@つるとんたん 新宿店(新宿) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23785/14344125

この記事へのトラックバック一覧です: 丹波黒豆 納豆うどん(冷、2玉)@つるとんたん 東京ビル店(東京):

» 納豆は日本を代表する健康食品 [セカンドライフを考える]
関西テレビの捏造事件で何かと騒がしい世間です。納豆が悪者みたいに思われて不快だなぁと思っていると『日経ビジネス』でこんな記事を見つけました。今年1月7日に放送された「発掘!あるある人事典Ⅱ」が、テレビの信用を著しく傷つけたことで問題となった。同番組は、...... [続きを読む]

受信: 2007.04.19 06:09

« うどんの打ち方、その1(準備編) | トップページ | 味噌煮込みうどん(2玉)@つるとんたん 新宿店(新宿) »