« うどんの打ち方、その2(水回し、踏み編) | トップページ | 湯葉うどんセット@美々卯 品川店(品川) »

2007.05.09

うどんの打ち方、その3(団子編)

踏んでしばらく寝かした生地を団子にする行程です。

しばし寝かした生地

踏みが終わってしばし寝かした生地を広げます。
しばし寝かすと表面がしっとりしてきています。


団子行程、その1

団子にするため生地の角を真ん中に
折りたたんでいきます。なるべく力を込めて
折り込んで全体的に丸くなっていくようにします。


団子行程、その2

それを何回か繰り返していると写真のようになります。
これはもっと上手くやると折り込んでいく部分が
小さくきれいに団子になります。まだまだこの行程が
自分は下手なので、練習が必要です。でも、ここで
そんなにうまくいかなくても何とかなります。


へそ出し、その1

上のように丸くしたら、先ほどの折り込んで
しわになっている部分を手前側に向けて、
団子を両側から両手で押し込んで空気を追い出しながら
でっぱり(=へそ)を出していきます。


へそ出し、その2

上記の行程を何回か繰り返していると上の写真のように
へそが出てくるのでこうなってきたら次の作業に移ります。


団子

先ほどのへその部分を少しひっぱり、
割れ目の部分を覆い隠すようにしたら、
へそを下にして生地を丸く団子にします。
ここで団子にする行程はおしまいです。


団子をビニール袋へ

団子にした生地はビニール袋へ入れて、
数時間寝かします。これは季節によって変わります。
室温が高い時ほど短く、寒い時ほど長く寝かせます。
最低2時間くらいは寝かせた方が良いです。

僕はここまでの行程を前日の夜にやっておき
朝まで寝かせて翌日の午前中に打っていたりします。

うどんログ : うどんの打ち方、その4(角だし編)に続きます。

|

« うどんの打ち方、その2(水回し、踏み編) | トップページ | 湯葉うどんセット@美々卯 品川店(品川) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23785/14464451

この記事へのトラックバック一覧です: うどんの打ち方、その3(団子編):

« うどんの打ち方、その2(水回し、踏み編) | トップページ | 湯葉うどんセット@美々卯 品川店(品川) »