« うどんの打ち方、その4(角だし編) | トップページ | うどんの打ち方、完成 »

2007.05.10

うどんの打ち方、その5(伸し、麺切り編)

四角くなった生地をさらに延ばして行き、
最終的には包丁で切って麺ににする行程です。
手打ちうどんの最終形まであと少し。

伸し

辺と平行に麺棒を巻き付けて、先ほどと同じように
内側から外側に伸ばしていきます。
四辺全部の方向で伸ばして、2、3回やります。


延ばしきった生地

ちなみに写真の生地は1kgのものです。
大体厚さ3mmくらいになったら伸しはおしまいです。


打ち粉ふり

伸ばし終わった生地にたっぷりと打ち粉をふり。
生地全体に手で広げて下さい。


麺棒に巻き付けて

そしたら麺棒に巻き付けます。


四つ折り

麺切りのために巻き付けた生地を端から
徐々にもどし四つ折りにします。
但し、これは1kgの場合なので500gの場合は
四つ折りにしなくても構いません。
適当に麺切りできるくらいにやって下さい。


麺切り

四つ折りにした生地を3mm幅で等間隔に切ります。
この時、こま板があると等間隔にまっすぐ切りやすいです。
なければタッパーを利用するのも手です。


麺切り、完了

切り終わるとこのようになります。


麺を小分け

麺を取り分けていきます。1kgだと全部で10玉くらい、
500gだと5玉になるくらいに目分量で小分けして下さい。


できあがり

そして、タッパーなどに入れれば完成。
3mm幅のうどんだと沸騰したお湯で12分ほど茹でれば完成。
茹で具合は色々試してみて好みの具合にして下さい。

以上で完成。

|

« うどんの打ち方、その4(角だし編) | トップページ | うどんの打ち方、完成 »

コメント

confident初めまして
水回し、ヘソだし、角だしがすごくきれいに出来てますね。私は今で7回打ちましたがまだまだ下手くそです。

タッパーに入れておくと、次の日には麺どうしがくっついてしまいませんか?

いつも500gでやっていますが、打ってすぐに茹でてもねじれています。なんで?という感じです。良かったらいろいろ教えてください。

投稿: まだまだ | 2009.03.02 00:23

まだまださん、初めまして。
コメントありがとうございます。
ブログの手打ちうどんを見ましたけど
きれいにできていると思いますよー。

麺同士がくっつくのは加水が多いとか
打ち粉が足りないということがあります。
とりあえずは打ち粉を多めにしてあげてみてください。

自分もまだまだですが、答えられることは
どんどん答えますのでどうぞー。

投稿: マツイ | 2009.03.02 21:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23785/14464473

この記事へのトラックバック一覧です: うどんの打ち方、その5(伸し、麺切り編):

« うどんの打ち方、その4(角だし編) | トップページ | うどんの打ち方、完成 »