« ざるうどん@家 | トップページ | 釜玉@家 »

2007.05.19

細打ちひやあつ、おろしぶっかけ(冷)@エン座(石神井台)

細打ちひやあつ@エン座(石神井台)

細打ちひやあつ
なんだかんだで今年初来店。知人が何回か行っており、
その知らせを聞く度に羨ましいと思いつつ行けない
自分の不甲斐なさを反省。ようやく行けて良かった。
行けない理由は自分の家から距離があるのと、
ここで食べてしまうとその後、他のお店を巡る
余裕がなくなる。おいしいから1杯で
終わるなんて無理。最低限、大盛は食べたいもの。
そうするとお腹いっぱいになるという状況。
それはさておきうどんの感想。

今回一杯目に食べた細打ちのひやあつ。
「ひやあつ」とは麺を水でしめてひやしたものと、
かけだしはあつあつのをかけて食べるかけうどんの一種。
通常のかけうどんは麺もだしもあついので「あつあつ」となる。
具にはだしを取る時に使われたいりこが乗っている。
まずはだしを一口飲む。濃厚ないりこだし。
しかし、雑味がほとんどなくすっきりとした味わい。
そして、うどんの冷たさで程よくぬるんでいるのがまたいい。

お次はめんを一本箸でつかんでいただく。
細いながらもしっかりとしている。見た目と一本目を
食べた時点でも気づいていたのだが、続いてめんを
数本食べてさらにはっきりとした。麺のエッジの部分が
すごくピンと立っている。口の中ですごく
はっきり感じ取れる。これだけ主張してくる
細打ちうどんを食べたのは初めて。この食感はたまらない。

そして、かけだしとの相性もばっちり。
具のいりこもだしを取り終わった後のものだけど、
しっかりと味が残っておりおいしい。
これだけ一品のおかずになりうるくらい。
そんなおいしいうどんを名残惜しみながら完食。うまかった。

ちなみにこの細打ちはまだ試作段階のため、
メニューには載っていません。限定メニューでもいいから
正式メニュー入りするといいなー。

おろしぶっかけ(冷)@エン座(石神井台)

おろしぶっかけ(冷) 650円
最初に書いたとおりにいっぱいで終わるわけには
いかずに2杯目注文。こちらは地元で取れた小麦粉である
農林61号の全粒粉をつかったうどん。
相変わらずうまくて仕方ない。
美味しいうどんを食べているとジレンマとして
早く口に入れて飲み込みたいのだけど、
そうするとすぐになくなってしまうというのがある。
ゆっくり味わって食べられるようになりたいものだ。
でも、それって僕のうどんの食べ方には合わないんだよな。
うーん、この矛盾した気持ちをどうすればいいものやら。

うどんログ: エン座(石神井台)

|

« ざるうどん@家 | トップページ | 釜玉@家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23785/15144608

この記事へのトラックバック一覧です: 細打ちひやあつ、おろしぶっかけ(冷)@エン座(石神井台):

« ざるうどん@家 | トップページ | 釜玉@家 »